ひとはなぜ食べるのか?

a0170643_13432549.jpg


ひとはなぜ食べるのか?

お腹がすくから、。。。たしかに。
身体を維持するため。。。そうですね。
生きていくためにはなくてはならない行為です。

では,もう一歩踏み込んで

世界には空気だけ吸って身体を維持しているヨギも存在します。

人間が生きていくのに,必要なものは、太陽の光、空気、水、食物だそうです。

じゃ,なぜ,あえて,食べるという行為が存在するのでしょうか?


いろいろ考えられます。

私は3つの視点で考えてみました。

まず、①自分との関係。

いま、ここ!!をもっとも体験できる行為だから。
目で見て、香りをかぎ、歯でシャキシャキ噛み、舌でふれ、味わう・・・。

人間に与えられた五感ををこれほどまでに使って,感覚を思う存分満たしてくれることって,
食べること以上にあるだろうか???
喜びの宝庫です。

うちの旦那さんは、毎朝同じものを食べます。

そのたびに、いつも,『うまい!このパンケーキ。』と毎回感動して食べてくれます。
これは,彼がお世辞を言ってる訳ではなく、本当においしい!!と感じているいま、ここ!!の言葉なのです。

このことに気がついたら食べることを、おろそかにしたり、何か他のことをしながら―ーー例えばFacebook見ながらとか,テレビを見ながらなんて、なんて勿体ないと思うはずです。

だから,次に自然にこの感動を人に伝えたくなります。

次②人との関係

私は、人に食べてもらうのが大好きです。

これは子供の頃、
おばあちゃんが,熱々のおにぎりを私に食べさせようと思って握ってくれた、
その、”愛”が詰まったおにぎりだったので、
それはもう美味しくて美味しくて
大きなおにぎりを7個ぐらいペロッと食べていました。

もう,この美味しい感動をひとに伝えたい,
こんなに食べることで感動できるんだよーーーーと、
皆と分かち合いたいという思いなんです。

もう一つ私が,ここまで食べることが好きなのは、母との関係もあると思います。

生後3ヶ月で、母は働きに出て,私はおっぱいから離され、
それ以後おっぱいを飲まなくなったそうです。
一番必要な時にもらえなかったという,”食べることへの執着”なる熱い思いが,
今の私の食べるヨガの、原動力です。
(これは話すと,長くなるのでこの辺にしときます。また別の機会に。)


そして③神との関係

よく,残さずに感謝して頂くのよって耳にします。

一体誰に感謝するんでしょうか?

もちろん,ご飯を作ってくれた人、うんうん
農家のお百姓さん、そうだね
動物を私たちの代わりに殺してくれた人、申し訳ないけど。

その方々に感謝するのは、当然ですね。わかります。

でも、ときどき

犠牲になってくれた動物や魚さんに感謝して・・・と聞く時、

何か
違和感を感じます。

私が,動物を食べていないからでしょうか?
いえいえそうではなさそうです。

私は野菜や果物を食べます。

でも、その野菜や果物に感謝してる訳では無い気がします。

(もちろん,犠牲になってくれているいのちは、わたしにも与えられているこの
 いのちと同じものだと知っているし、それらのいのちと繫がっていることも感じます。)

だからこそ、いのちは、尊いものであり、大切に扱いたいものです。
でも、感謝の対象はあくまでも、そのいのちを授けてくれている、いのちの源ではないでしょうか。

私たちは、そのいのちはすべて繫がっていて、その大きないのちの営みの中に生かされている、
そして、自分はその一部分を受け持っている、これまた尊い、いのちの一つなんですね。


この,野菜、果物、お米、粉、豆などなど。
たくさんのバラエティで。色とりどり、形とりどり、かおりとりどり、味とりどりのものたちを,
ナーーーーーンの代価もなく,
気前よく私たちに振る舞ってくれているもの、

それは,この自然をコントロールしてくれている大いなる存在,つまり神様です。


木々からは、季節の果物が惜しげもなく与えられている!!

a0170643_13464734.jpg


恵みの雨は、大地を潤し種を蒔き、東風が吹けば、春になって、芽を出す。
月は、太陽の光りを反射して、夜中の畑に降り注ぐことで、野菜に滋味を与えてくれている。

a0170643_150265.jpg


こんな驚くべきことが,当たり前のようにあること。
すべて与えられていることに感謝するしかないですよね~~~~~。

気がつくだけで、すごいことですこれは。

しかも、しかもそれらの食物は何の努力も無しに
身体の中で消化され,栄養になって,私たちを維持してくれている~~~。

どんな天才にも,この身体の中で起こっている,消化のシステムを作り出すことは
できないのに・・・。

私は,つい忘れて,あれがないこれがない、こうしてほしい、こうして欲しくなかった、、
と不平ばかり言っている。

すべて,神から与えられて,すべて自分の中にそして自然の中に備わっている、
このことに気づくために、食べるという行為が与えられているんだ。

シンプルすぎて気付かなかった。


なんで,当たり前と思ってしまうのか。


日々の生活、
今から今日から,自分でできること。

それが食べるヨガ。

何も難しい,アサナをする必要もない。

自分のために、そして、身近なひとのために=パートナーや子供、親、友人に
おいしいご飯を愛を込めて作る行為。

誰もが,必ず毎日やること,息することと、食べることと,排泄すること、

その中に神様の力を見いだしていくこと。
感謝していくこと。
ここにも,あそこにも,与えられていることに気付いていくこと。

食べるヨガは,シンプル,で美味しい。

ただそれだけ。

何を食べるかは、重要ではありません。

思いこそが、jyu-you。

何を食べるかは、重要ではないという意味は、思いによって、
何を食べるかが決まって来るという意味です。

しっかりと、この食べることの意味を意識化できたなら、
自ずと何を食べたらよいかが、わかって来るということです。

私たちは。愛と感謝でできている、
なぜなら神の愛で,できたものを頂いているから。
食べてみたら分かるよ。
喜びに溢れた食べ物を食べると。魂が喜ぶのがわかるから。

神の愛で与えられた材料を調理して,感謝して愛でお返しして頂く行為。

すべては神の愛で作られているので、愛に満たされたものを頂くと喜びに満たされる。


これが食べるヨガ。

よく、神様はハートのあたりにいるって言うけど、私の場合は
おなかにいるな・・食べるヨガの神様。

いつも、ありがとう!


a0170643_13465229.jpg

[PR]

by govindasyamuna | 2013-08-23 08:32 | 食べるヨガ
line

ヨガってアサナだけじゃない、食事、瞑想、哲学、音楽を通してバクティヨガを日々の生活に取り入れましょう。生きる力を感じて内面はエキサイトして、外見はクールに生きるお手伝をします。


by govindasyamuna
line