カテゴリ:瞑想 イベントのお知らせ( 29 )


バヌスワミ来日公演 12月5・6日

BHANU SWAMI 来日講演


〜バクティヨガの解説書から学ぶ2日間〜

 『喜びの中で献身奉仕を

     おこなう道へ

船堀寺院では12月5~6日()と、スペシャルゲストバヌスワミをお迎えして、

バクティヨガ哲学のセミナーを主催します。


part①12/5 18:00~

part②12/6 10:00~

part③12/6 18:00~


上記のように,3つのパートに分かれていますのでご注意ください。

すべてに出席されることが望ましいですが、どれか一つだけでも,受講出来ます。



テーマは題して『献身奉仕の甘露(Nectar of Devotion)』

  バクティについて学びたい方には,必須の項目です。

  初めての方にも,分りやすい解説になっていますので、是非みなさんお誘い合わせの上、いらして下さい。

 


 場所:イスコンニューガヤジャパン船堀寺院

      VCC(ヴェーリックカルチャーセンター) レストランGOVINDASの2階


      東京都江戸川区船堀2-23-4 tel 03-3877-3000


 時間:12月5日(曜日)part① 18:00~20:00  『バクティの定義』『三種類のバクティ』


    12月6日(曜日  part② 10:00~12:00 『サーダナ・バクティ(訓練のバクティ)』

             part③ 18:00~20:00  『バーヴァ・バクティ(恍惚愛のバクティ )』

                          『プレマバクティ(純粋な恍惚愛)』


※ part②とpart③の間には,時間がありますが、

船堀寺院にてプラサーダ(菜食の神に捧げられたお食事)がでます。

         一緒にキルタンしたり、お坊さんとお話ししたり、

外を散歩されてもかまいません。ご自由にお過ごし下さい。


参加費:ドネーション制


内容:バクティヨーガの実践書である、バクティ・ラサ・アムリタ ・シンドゥ

        から、バヌスワミが分りやすく包括的に解説して下さいます。


        ※ バクティ・ラサ・アムリタ ・シンドゥとは私たちが、

         純粋なクリシュナの愛に至るための実践書です。

         主チャイタンニャがルーパゴースワミに教えた、

         クリシュナバクティの道を、実践書として系統的にまとめたものです。 


 お問い合わせ・お申し込み
govindasmuratayoshie@gmail.com       
電話 080-5899-6951 ヤムナまで




                    バヌ・スワミマハラージ

              


                  カナダ生まれ。20代前半に、生涯のグルであるAcバクティウェ-ダンタ・スワミに出会い、

                ブラマチャーリーの誓いを立てて、40年間出家の僧として、独身謹厳生活を続けている。

                南インド、チェンナイにラーダクリシュナ寺院において、そこで36年間、サンスクリットの

                ヴェーダ教典の翻訳と研究に専念する傍ら、同地はもちろん、マレーシア、オーストラリア、

                ロシア、日本に於いて、バクティヨガを中心としたヴェーダ教典に基く叡智を、様々な形で

                現代人が理解しやすいよう講演セミナーを行い、説教活動と研究に生涯を捧げている。

                 主なセミナーの内容は以下の通り

               「輪廻の法則とそこからの脱却」

               「インド占星術とカルマについて」

               「働く人のためのバガヴァッド、ギーター解説」

               「ヨガマスターのための、ヨガ哲学」等、多岐にわたる。


                他にも、サンスクリット語や、ベンガル語の教典の解説本を執筆している。























[PR]

by govindasyamuna | 2015-11-24 16:19 | 瞑想 イベントのお知らせ

8月8日 GOVINDA'S鎌倉 クッキングパーティ 

a0170643_12211466.jpg
a0170643_12201687.jpg


中野ゴーヴィンダズの「食べるヨガ」のお料理教室です。
鎌倉二階堂の自然の中で、ワイワイと楽しく学べます。

メニューは

『夏のパーティーメニュー』と題して
キドニービーンズのサブジとサルサソース&チャパティ
ズッキーニ寿司
生春巻き
かぼちゃと雑穀のスープ
黒ごまプリン
※チャパティとはインドのアタという全粒粉で作る、最もシンプルで栄養価のあるパンです。
もともと北インドの主食でカレーをつけて食べますが、
トルティーヤの様にサラダを巻いて食べても美味しいのです。
今回は、みんなで調理実習風に実演する楽しさも味わえます!!

時間 11:00~15:00
場所 鎌倉市二階堂773-137 BYC鎌倉
料金 4500円
用意するもの エプロン、三角巾、筆記用具

このあとのプログラムもあります。
自由参加です。

マドゥによる『食べる瞑想ワークショップ』
食後は、ちょっとお休みしたら、お散歩or キルタンなどで
再び盛り上がる予定です。(食後の運動って感じでしょうか?)

ご予約は ヤムナまで
08058996951
govindasmuratayoshie@gmail.com





a0170643_12184510.jpeg


やさいの滋味には月の光が必須なんです!




[PR]

by govindasyamuna | 2015-07-25 12:26 | 瞑想 イベントのお知らせ

バヌスワミ 7月バクティヨーガ集中セミナー 9ステップ 実践編


食べるヨガ〜生きるヨガを読んで下さっているみなさま

7月18・19・20日の3日間
おなじみの、バヌスワミを迎えて
バクティヨーガの3日間集中セミナーを開催します。

a0170643_07152392.jpg


クリシュナププレマという究極のゴールとは?

実際にクリシュナと面と向かってふれあい、内にも外にもクリシュナを見、純粋な愛を永遠に交換しあう
までの段階にいたるまでの9ステップ

バクティヨーガのスペシャリストであるバヌスワミの解説
この講座を受けることによって、バクティのゴールに至るまでの明確な道しるべを手に入れ、自分の現在地を理解し、
実際にバクティを実践していく中で、これからどういう意識の変容を体験出来るかを実践的に学べます。

マドゥーリャ・カダンヴィーニという権威ある教典から学びます。
17世紀のヴィシュバナータ・チャクラバラティ・タークラという偉大なアーチャーリャが記した教典です。



日程  7月 18日  ①11:00~13:00 ランチ  ②14:00~16:00
      19日  ③10:00~12:00 ランチ
      20日  ④11:00~13:00 ランチ  ⑤14:00~16:00
         ※全てドネーション制です
         ※全日程 13:00~14:00 菜食のランチあり
         ※ 場所 VCC(ゴヴィンダズレストラン2F) 
        http://iskcontokyo.blogspot.jp/p/blog-page_8152.html

お問い合わせ・ご予約  080-5899-6951 (ヤムナまで)
govindas_murata@yahoo.co.jp

a0170643_18275638.jpg
                         バヌスワミ・マハラージ


〈講師紹介〉
バヌスワミ・マハラージ
 カナダ生まれ。20代前半に、生涯のグルであるAcバクティウェ-ダンタ・スワミに出会い、
ブラマチャーリーの誓いを立てて、40年間出家の僧として、独身謹厳生活を続けている。
南インド、チェンナイにラーダクリシュナ寺院において、そこで36年間、サンスクリットの
ヴェーダ教典の翻訳と研究に専念する傍ら、同地はもちろん、マレーシア、オーストラリア、
ロシア、日本に於いて、バクティヨガを中心としたヴェーダ教典に基く叡智を、
様々な形で現代人が理解しやすいよう講演セミナーを行い、説教活動と研究に生涯を捧げている。

主なセミナーの内容は以下の通り

「輪廻の法則とそこからの脱却」
「インド占星術とカルマについて」
「働く人のためのバガヴァッド、ギーター解説」
「ヨガマスターのための、ヨガ哲学」等、多岐にわたる。
他にも、サンスクリット語や、ベンガル語の教典の解説本を執筆している。

 


             前回の鎌倉BYCでのバヌスワミ・マハラージのセミナーの模様
a0170643_07252323.jpg


a0170643_07261041.jpg































[PR]

by govindasyamuna | 2015-06-26 07:19 | 瞑想 イベントのお知らせ

おひさしぶりです〜6月13日は”食べるヨガ” COOKING CLASSです!

みなさま

お久しぶりです!

鎌倉は今とってもいい季節。
初夏の緑とさわやかな風に包まれています。

泣いても笑っても
一度きりの人生。
ほかのどこにもないユニークな”食べるヨガ”を、日々の暮らしで実践して
もっと日常をアーティスティックに生き生きと過ごしましょう。

6月13日(土曜日)AM11:00~PM3:00

内容は、

コフタという野菜とひよこ豆の粉を使った野菜ハンバーグ
ヨーグルトスープ
おからサラダ
白菜と厚揚げのあっさりサブジ(野菜のスパイス煮)
ドワラカバーフィー(ひよこ豆の粉を使ったインド風のオーブンを使わないお菓子)
などです。
簡単な手作りドレッシングも。

(尚,メニューは多少変更する可能性もありますので、ご了承ください)

参加費は1名様 4500円です。
エプロン、三角巾、筆記用具をご用意下さい。


バクティヨガ講師のマドゥマンガラプラブによる、食べるヨガ瞑想ワークも野郎かな,と考え中です。

また,その日はみんなで楽しく食事をしたあとPM3;00~『うたうヨガ』も一緒にやりたいな,と思っています。


お申し込みは
govindas_murata@yahoo.co.joまでメールして下さい


GOVINDA'S鎌倉のHPです。見てね。



a0170643_21354981.jpg
写真は,藤沢ヨガスタジオVRINDAVANAの
本多みよりさんが撮って下さいました。
                                      



 ウクレレおばさんヤムナより










[PR]

by govindasyamuna | 2015-05-18 21:39 | 瞑想 イベントのお知らせ

5月10日のギータ−クラス+本当の自分に気づく瞑想WSのお知らせです。



お久しぶりです。

みなさま、GWはどのように過ごされたでしょうか?




立夏を迎え、ここ鎌倉では卯の花が一斉に咲き
a0170643_12471437.jpeg
卯の花の匂う垣根に
ホトトギス早もきなきて
忍び音もらす夏は来ぬ
のうたのとおりです。

5月10日のギータ-クラスの時間についてお知らせします。

今回はサッチャ先生をお迎えしていますので、「ギータ-クラス+本当の自分に気づく瞑想WS」と
題してやや通常より早い時間にはなりますが、
9:45~始めたいと思っています。


日程は以下の通りです。
9:45~12:00  バガヴァッドギーター+本当の自分に気づく瞑想WS 3階
12:00~13:00 キルタン、アロティ         テンプルルーム
13:00~14:00 サッチャ先生の法話        テンプルルーム
14:00~    プラサーダム(お食事)
随時解散

※参加費はドネーション制です



a0170643_12483048.jpg
サッチャ先生は最後の日曜日のクラスになりますので
お別れを言いたい方、初めての方、どなたでも是非ご参加ください。



いつもの通り、ご連絡が遅くなってすみません。



ヤムナ











[PR]

by govindasyamuna | 2015-05-08 13:06 | 瞑想 イベントのお知らせ

鎌倉キルタンのお知らせ


これはBYC鎌倉から外を眺めた時の風景です。
山山山、そして切り通し。

a0170643_2313913.jpg


ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
さあ、始まりますよ!
鎌倉に引っ越してもう2ヶ月以上たちました。
みなさまには、お元気でお過ごしのことと存じます。


キルタンのお知らせです。やっとみなさまをお呼びできるのがとても嬉しいです。


来たる
8月10日(日曜日) 午後12時より

もっと唱えて、鎌倉の海と山の自然の中でさらにリフレッシュできます。

もちろん、菜食のお食事付きです。
会費はドネーション制です。

キルタンは日曜日のお昼の12時からですが、ゆっくり前の日から泊まりがけでいらしても大歓迎です。
前日から泊まられる方はその旨ご連絡下さい。
近くにハイキングコースもあります。
運動靴を持参して下さい。

朝は、ゆっくりヨガや瞑想もできます。

みんなでご飯を一緒に作ったり、
ゆっくりくつろぎましょう〜

☎0467−38−4490

道案内
JR鎌倉駅から歩いて30分。鎌倉らしい散歩道なので、歩いても楽しい道です。
または、東口4番のバス「大塔宮(鎌倉宮)」行きのバスの終点鎌倉宮で下車。
歩いて10分です。
バス停まで迎えにいきますのでバス停についたらお電話下さい。
バスに乗っている時間は、10〜15分くらいです。

BYC鎌倉 odoriya




a0170643_232310.jpg


a0170643_2333527.jpg
[PR]

by govindasyamuna | 2014-07-24 23:14 | 瞑想 イベントのお知らせ

2/11 中野キルタンナイト


2/11(火)中野キルタンナイトのお知らせ

2月11日(火曜日)
pm5:00〜9:00

中野キルタンナイトです。

キルタンとは、みんなで集まって
神様に唄と踊りを捧げること。
現在行われている、いろいろなパフォーマンスの元はここにあったのです!
みんなで楽しく唄って、踊って、、モリモリ食べよう〜!


           今回は、ゲストにロシア人のお坊様の
           ウッタマ・シュローカ・プラブをお迎えして
           お話して頂きます。






激動の時代のロシアを走って来た方なのですが、とても
物腰の柔らかな方で、いつも興味深いお話をして下さいます。

キルタンも力強く”魂のロシアンキルタン”を堪能して頂けること
間違いありません。無類の日本大好きな方でもあります。

菜食の美味しいお食事付きです。


場所:中野区中野5−6−6 2F BYCなかの
時間:午後5:00〜9:00
会費:2000円





             お問合せ・お申し込み
           govindas_murata@yahoo.co.jp









[PR]

by govindasyamuna | 2014-01-23 00:09 | 瞑想 イベントのお知らせ

池袋でキルタンナイト


久しぶりのお知らせです。

1月25日(土曜日)は、
池袋ニルヴァーナヨガスタジオにてキルタンナイトです

場所:http://nirvana-yogastudio.com/map.html 地図です

時間:PM6:00〜   終了時間は未定です。終りなきキルタンやりましょう!

会費:ドネーション制


    ※ 予約はいりませんので、どんどんご参加下さい。



池袋のニルヴァーナヨガスタジオのマヒロさんたちと一緒にバジャンします。

イスコンニューガヤジャパンからはマドゥマンガラとヤムナ、

アリーナマタジ、そして次の日にはインドに帰ってしまうサプタリシが参加します。


a0170643_20402958.jpg






a0170643_2040451.jpg




           ご予約、お問合せはヤムナまで

           govindas_murata@yahoo.co.jp



           たくさんの元気なご参加をお待ちしています。
[PR]

by govindasyamuna | 2014-01-19 20:48 | 瞑想 イベントのお知らせ

第2弾 船堀VCC 〜本当の自分に会う〜ヨガ・シタール・瞑想の旅

みなさま    お元気ですか?サッチャ先生の瞑想ですよ。

a0170643_12045492.jpeg

先週のキルタンナイト、バヌスワミの『人はなぜ愛するのか?』のクラスの内容。

もうすぐこのブログで全文字おこししてアップしますのでおたのしみに!!

しかもヤムナの解説付き。そんなもんいらんという声もチラホラ聞こえますが、
私にもしゃべらして〜。(バヌスワミの法話と自分の意見ははっきり書き分けるからね。)


今回は

12月8日 (日曜日)
午前10:30〜スタート



船堀VCC(ヴェーリックカルチャーセンター)にて 第2弾〜本当の自分に出会う〜

豪華キャストを向かえ、贅沢なメニュー、3本立てでお届けします。

まだ余裕がありますので、お早めにご予約下さい。


a0170643_11424560.jpg
                前回のヨガの模様

まみ先生は
巷にいろんな種類のヨガ、いろんなヨガの先生がいらっしゃるなか、バクティヨガも、瞑想も学んでいらっしゃる方で日本では、希有な存在だと思われます。

(しかも、クールで知的、ルックスキュートでマネキン人形にも見間違えるほどの臨在感ですよ。・・・惚れてるなあたし〜)


シタールの加藤貞寿氏も、いまや日本を代表するシタールプレーヤーとしてご活躍中です。演奏中は全く、右脳の世界に行かれているようで、是非その世界を体験して味わって頂きたいです。時々お笑い芸人に豹変するような、ユニークで気さくなお人柄です。演奏後、お気軽に話かけてみて下さい。

お二人とも、ヤムナとマドゥの古くからの大切な友人でもあります。

2011年の震災のおりには、イスコンのフードフォーライフのボランティア活動の一環として、お二人と東北の炊き出しに一緒に行きました。


そしていつもおなじみのサッチャ先生です。
カリフォルニアから、1年に2回私たちのため
来日して下さっています。

みのがせません。

今すぐ予約!!ですよ。

歩くα波とよばれています。
癒しの方です。

”今の瞬間だけが真実” この瞬間を選択していくことが、この上ない私たちに与えられた自由意志を使えるということで、それこそが”愛”であることを、どうかこの授業で実感して帰って下さいね!ね!ね〜!
過去の呪縛、自分の思い込みの世界(マインド=心)をこえて魂(アートマー=本当の自分)に出会えます。

 そして、その方法が

ヨガで心と体をほぐしたら、シタールの演奏でさらに深いリラックスへ。

ゆるんだ心と体での瞑想をして、本当の自分(=魂)に出会いましょう。

【タイムスケジュール】

10:30 ヨガ(60分)
11:30 シタール演奏(30分)
12:00 瞑想ワーク(90分)

【料金】

3500円
※早割3000円(11月30日23:59までのお申し込み)

※ヨガとシタール演奏のみ参加の場合2000円
※瞑想ワークのみ参加の場合2000円

【持ち物】

・ヨガに参加の方は動きやすい服装、ヨガマット。
・瞑想ワークに参加の方もゆったりと座りやすい服装がおすすめです。

【予約について】

govindas_murata@yahoo.co.jp  ℡  07065248097 ヤムナまで

・ヨガとシタールのみ、もしくは瞑想ワークのみ参加の場合はその旨を書き込んでください。
・キャンセルは12月7日(土)15時までにご連絡ください。

【その他】

・ヨガ、瞑想ともに空腹時に行うのが理想です。
お食事は軽めのものを2,3時間前までに済ませてください。


【場所】

船堀VCC(ヴェーリックカルチャーセンター)
東京都江戸川区船堀2-23-4
※船堀ラーダ—クリシュナ寺院 ゴーヴィンダズレストランの2階
都営地下鉄新宿線・船堀駅南口徒歩2分



【講師】
                               
◆ヨガ:松永真美 

                     
2006年頃より、マクロビオティック、ベジタリアン・

ビーガン料理、自然療法、アロマテラピー、アーユル

ヴェーダなどホリスティックに心身を調えるメソッド

を独学で学ぶ。2007年より、サンフランシスコ在住の

サッチャデーヴァ・ダース師のもとで瞑想を学ぶ。

呼吸にフォーカスし、ゆったりとした流れのヨガで、

体だけでなく、心を調えるフリースタイルの

ハタヨガクラスを展開中。

ヨガニードラセラピスト、日本式アロマテラピー

「氣流れセラピー」セラピスト。全米ヨガア

ライアンス200時間ティーチャートレーニング修了

。レイキ2nd修了。


◆シタール演奏:加藤貞寿


4歳よりクラシックピアノを始め、次第に即興音楽に

興味を持ち始め、独学で様々な音楽を研究。 
1991年渡印。インド音楽界の至宝、パンディット・

ニラル・ナグ氏のシタールの音色と氏の人柄、

北インド音楽の即興性に魅せられ、ナグ氏に弟子入り。

長年にわたりシタールの厳しい訓練を受ける。

1998年ナグ氏より指導及び演奏活動の許可を得て帰国。

2003年、ゴクル・ナグ記念財団設立にともない、

同財団代表として日本におけるヴィシュヌプール・

ガラナ(インド音楽の流派)の普及と後継者育成を任される

。以降、東京にてシタール教室を主宰。後進の指導に励む傍ら、

インド及び日本各地にて演奏活動を行っている。


魂を揺さぶる美しい音色と、深い瞑想的な音楽が高く評価されている。



              

                                    


◆瞑想:サッチャデーヴァ・ダス


目覚めの手放し法、ヨガとマントラ瞑想を41年間  修練している。

“バガヴァッド・ギータ”やバーガウ゛ァタ・プラナ、ントラ瞑想を、カリフォルニア、ハワイ、

中国、日本で教えている。

・セドナ療法レベル2コーチ
セドナ療法を使い個人的にコーチングをし、持ちたくない
考えや感情を今の瞬間に手放すサポートを行う。


・救急救命士
1986年から2006年まで救急救命士および消防士として働き、
誕生、死、老い、病という様な人々の苦しみを目の当たりにし、瞑想がいかにこのような苦しみを乗り越える助けとなるかということを痛感。


2006年にサンフランシスコ消防署を退職したあと目覚めの手放し法のワークショップをしたり瞑想やヨガの哲学をアメリカ、日本、中国で教え人生の真理を人々が悟れるよう手助けをしている。







    

                                             ご予約はこちらまで

         govindas_murata@yahoo.co.jp

                                お待ちしております。ヤムナ








                 


[PR]

by govindasyamuna | 2013-11-29 12:14 | 瞑想 イベントのお知らせ

10月26日 中野キルタンナイト+さだまさし「防人の詩」のヤムナ流解説だよん〜

みなさま
台風が近づいておりますが、

中野キルタンナイトは

台風決行です。

どなた様も、ご注意の上、気をつけておいで下さい。

(無理だと思ったら断念してね。なにとぞ、自己責任なので。BYCなかのではやっています。)

10月26日土曜日 午後5時〜9時 

中野キルタンナイト


会費  1500円
場所  BYC中野 中野区中野5−6−6  03−5380−6210
    govindas_murata@yahoo.co.jp 07065248097 (ヤムナまで)



ご予約、どんどん受け付けております。





ところで、先日思い出したことがあります。

かなり昔、私が二十歳の頃だから、今から30年ほど前の話です。

さだまさしさんの『防人の詩」ってご存知ですか?

彼は、日本人の情緒を、美しい日本語と、メロディーと、声と、おしゃべりで伝えられる素晴らしい才能を持った方だと思います。

今日は、この詩を、ヤムナの勝手な解釈でお話ししてみたいな、と思います。

まずは詩です。


防人の詩   さだまさし

おしえて下さい
この世に生きとし生けるものの
すべての命に 限りがあるのならば
海は死にますか 山は死にますか
風はどうですか 空もそうですか
おしえてください

私は時折 苦しみについて考えます
誰もが等しく 抱いた悲しみについて
生きる苦しみと 老いていく悲しみと
病の苦しみと 死にゆく悲しみと
現在(いま)の自分と

答えて下さい 
この世にありとあらゆるものの
すべての命に 約束があるのならば
春は死にますか 秋は死にますか
夏が去るように 冬が来るように
みんな逝くのですか

わずかな命の きらめきを信じていいですか
言葉で見えない ”望み”といったものの
去る人があれば 来る人もあって
欠けてゆく月も やがて満ちてくる
なりわいの中で

おしえて下さい
この世に生きとし生けるものの
すべての命に 限りがあるのならば
海は死にますか 山は死にますか
春は死にますか 秋は死にますか
愛は死にますか 心は死にますか
私の大切な 故郷もみんな 逝ってしまいますか

海は死にますか 山は死にますか
春は死にますか 秋は死にますか
愛は死にますか 心は死にますか
私の大切な 故郷もみんな 逝ってしまいますか



マドゥに言ったら、暗すぎる、と脚下されたのですが。
私の、見解だと、そんなに暗くはないと思います。

ただ、この質問に答えるとしたら

海は死にますか
山は死にますか
風はどうですか
空もそうですか・・・

答えは

五大元素(つまり、この物質界を構成しているもの)=土・水・火・空気・空間で作られているものすべて、私たちの肉体を始めとして全ての物質的なものたちは皆死にます。
海は 水
山は 土
風は 空気
空は 空間(エーテル)
です。

今日本でも流行っていますアーユルヴェーダなど習ってらっしゃる方は、物質の五大要素のことはよくご存知と思います。

春は死にますか、秋は・・時間のことですね。カーラ(時間)です。
春夏秋冬、季節は去来しては過ぎ去っていきます、つまり死にます。

そして心は死にますか。。はい,死にます。
心も物質でできたもので、一時的にあらわれては消えてゆきます。
  
女ごごろと秋の空なんて、うまく言っていますよね。心は、コロコロ変わります、変化しています。

ということで、答えは,はいこの世界にあるものは全て死にます。



でもね、2つのキーワードがあって、


生きる苦しみ
年老いる悲しみ
病の苦しみ
死にゆく悲しみ

ブッダが出家するきっかけとなった、4つの門で見たものです。
生老病死、避けることのできない
すべての命に与えられたものです。
ヴェーダでは、この生老病死が何度も何度も続いていくことをサンサーラといいます。

では、このサンサーラを超えるにはどうしたら良いのでしょうか?

この
生老病死のくだりのあと

『現在(いま)の自分』と、といっています。

この言葉は、とっても重要です。

生老病死という体の宇宙を生きている存在にとって、唯一、”命”という永遠性に出会えるドアは、まさに”今ここ”しかないんです。

”今ここ”の永遠の命のきらめきを、クリシュナ(神というすべての喜ばしいものの源)につなげたら、この世界で生きていても、もう大丈夫。何の心配もありません。

どういう意味かって?
つまり永遠に死にません。

”今ここ”に、生きることができれば、命が永遠なのではなく、命のきらめき(つまり意識です)、それこそが永遠にあり続けるものだ、と気付き続けれるからです。過去にも未来にも行くことはありません。永遠の、今に居続けることができます。

そして2つ目のキーワードは望み」です。
魂の、栄養は望みであると言っても、過言ではありません。

なぜなら、人は望みがないと生きてゆくことはできない存在ですから。※注1
ほんとですよ。
このことに、反論する事がどうやってできましょうか!?

彼は,ここで言葉で見えない望みと唄っています。
望み、言葉で見えない”望み”を、私たち一人一人がこの短い人生で自分で見つけて、育んでいくものかな?
と思います。


でも、言葉に見えない望みを、どうやって見つけていくんだろう。

それは、この上ない喜びの源(神)に、自分という存在の全てを
与え続けることのなかに見いだせるのかもしれません。

または、その方向性をめざすこと自体、それを”望み”というのだと、わたしは思います。



ま、言葉では見えないものなので・・・自分で探すしかないのでしょうね。
しかも、外に探すのではなく、意外にもに自分のなかにもともと備わっているものだったりします。

少なくとも、言葉で見えないことにこそ、本当の価値があると言う事は、言えるかもしれませんね。




それを見つけることこそが、ここに生まれた訳ですね。




次の人生のために。











※注1  興味のあるかたは、ヴィクトール・フランクルの
     『夜と霧』をお読みになることをおすすめします。
[PR]

by govindasyamuna | 2013-10-13 01:26 | 瞑想 イベントのお知らせ
line

ヨガってアサナだけじゃない、食事、瞑想、哲学、音楽を通してバクティヨガを日々の生活に取り入れましょう。生きる力を感じて内面はエキサイトして、外見はクールに生きるお手伝をします。


by govindasyamuna
line