ひとはなぜ食べるのか?

a0170643_13432549.jpg


ひとはなぜ食べるのか?

お腹がすくから、。。。たしかに。
身体を維持するため。。。そうですね。
生きていくためにはなくてはならない行為です。

では,もう一歩踏み込んで

世界には空気だけ吸って身体を維持しているヨギも存在します。

人間が生きていくのに,必要なものは、太陽の光、空気、水、食物だそうです。

じゃ,なぜ,あえて,食べるという行為が存在するのでしょうか?


いろいろ考えられます。

私は3つの視点で考えてみました。

まず、①自分との関係。

いま、ここ!!をもっとも体験できる行為だから。
目で見て、香りをかぎ、歯でシャキシャキ噛み、舌でふれ、味わう・・・。

人間に与えられた五感ををこれほどまでに使って,感覚を思う存分満たしてくれることって,
食べること以上にあるだろうか???
喜びの宝庫です。

うちの旦那さんは、毎朝同じものを食べます。

そのたびに、いつも,『うまい!このパンケーキ。』と毎回感動して食べてくれます。
これは,彼がお世辞を言ってる訳ではなく、本当においしい!!と感じているいま、ここ!!の言葉なのです。

このことに気がついたら食べることを、おろそかにしたり、何か他のことをしながら―ーー例えばFacebook見ながらとか,テレビを見ながらなんて、なんて勿体ないと思うはずです。

だから,次に自然にこの感動を人に伝えたくなります。

次②人との関係

私は、人に食べてもらうのが大好きです。

これは子供の頃、
おばあちゃんが,熱々のおにぎりを私に食べさせようと思って握ってくれた、
その、”愛”が詰まったおにぎりだったので、
それはもう美味しくて美味しくて
大きなおにぎりを7個ぐらいペロッと食べていました。

もう,この美味しい感動をひとに伝えたい,
こんなに食べることで感動できるんだよーーーーと、
皆と分かち合いたいという思いなんです。

もう一つ私が,ここまで食べることが好きなのは、母との関係もあると思います。

生後3ヶ月で、母は働きに出て,私はおっぱいから離され、
それ以後おっぱいを飲まなくなったそうです。
一番必要な時にもらえなかったという,”食べることへの執着”なる熱い思いが,
今の私の食べるヨガの、原動力です。
(これは話すと,長くなるのでこの辺にしときます。また別の機会に。)


そして③神との関係

よく,残さずに感謝して頂くのよって耳にします。

一体誰に感謝するんでしょうか?

もちろん,ご飯を作ってくれた人、うんうん
農家のお百姓さん、そうだね
動物を私たちの代わりに殺してくれた人、申し訳ないけど。

その方々に感謝するのは、当然ですね。わかります。

でも、ときどき

犠牲になってくれた動物や魚さんに感謝して・・・と聞く時、

何か
違和感を感じます。

私が,動物を食べていないからでしょうか?
いえいえそうではなさそうです。

私は野菜や果物を食べます。

でも、その野菜や果物に感謝してる訳では無い気がします。

(もちろん,犠牲になってくれているいのちは、わたしにも与えられているこの
 いのちと同じものだと知っているし、それらのいのちと繫がっていることも感じます。)

だからこそ、いのちは、尊いものであり、大切に扱いたいものです。
でも、感謝の対象はあくまでも、そのいのちを授けてくれている、いのちの源ではないでしょうか。

私たちは、そのいのちはすべて繫がっていて、その大きないのちの営みの中に生かされている、
そして、自分はその一部分を受け持っている、これまた尊い、いのちの一つなんですね。


この,野菜、果物、お米、粉、豆などなど。
たくさんのバラエティで。色とりどり、形とりどり、かおりとりどり、味とりどりのものたちを,
ナーーーーーンの代価もなく,
気前よく私たちに振る舞ってくれているもの、

それは,この自然をコントロールしてくれている大いなる存在,つまり神様です。


木々からは、季節の果物が惜しげもなく与えられている!!

a0170643_13464734.jpg


恵みの雨は、大地を潤し種を蒔き、東風が吹けば、春になって、芽を出す。
月は、太陽の光りを反射して、夜中の畑に降り注ぐことで、野菜に滋味を与えてくれている。

a0170643_150265.jpg


こんな驚くべきことが,当たり前のようにあること。
すべて与えられていることに感謝するしかないですよね~~~~~。

気がつくだけで、すごいことですこれは。

しかも、しかもそれらの食物は何の努力も無しに
身体の中で消化され,栄養になって,私たちを維持してくれている~~~。

どんな天才にも,この身体の中で起こっている,消化のシステムを作り出すことは
できないのに・・・。

私は,つい忘れて,あれがないこれがない、こうしてほしい、こうして欲しくなかった、、
と不平ばかり言っている。

すべて,神から与えられて,すべて自分の中にそして自然の中に備わっている、
このことに気づくために、食べるという行為が与えられているんだ。

シンプルすぎて気付かなかった。


なんで,当たり前と思ってしまうのか。


日々の生活、
今から今日から,自分でできること。

それが食べるヨガ。

何も難しい,アサナをする必要もない。

自分のために、そして、身近なひとのために=パートナーや子供、親、友人に
おいしいご飯を愛を込めて作る行為。

誰もが,必ず毎日やること,息することと、食べることと,排泄すること、

その中に神様の力を見いだしていくこと。
感謝していくこと。
ここにも,あそこにも,与えられていることに気付いていくこと。

食べるヨガは,シンプル,で美味しい。

ただそれだけ。

何を食べるかは、重要ではありません。

思いこそが、jyu-you。

何を食べるかは、重要ではないという意味は、思いによって、
何を食べるかが決まって来るという意味です。

しっかりと、この食べることの意味を意識化できたなら、
自ずと何を食べたらよいかが、わかって来るということです。

私たちは。愛と感謝でできている、
なぜなら神の愛で,できたものを頂いているから。
食べてみたら分かるよ。
喜びに溢れた食べ物を食べると。魂が喜ぶのがわかるから。

神の愛で与えられた材料を調理して,感謝して愛でお返しして頂く行為。

すべては神の愛で作られているので、愛に満たされたものを頂くと喜びに満たされる。


これが食べるヨガ。

よく、神様はハートのあたりにいるって言うけど、私の場合は
おなかにいるな・・食べるヨガの神様。

いつも、ありがとう!


a0170643_13465229.jpg

[PR]

# by govindasyamuna | 2013-08-23 08:32 | 食べるヨガ~生きるヨガ

”いのちをいただく”ことに関しての食べるヨガ的見方

食べるヨガで培っていくこと

◎毎日の生活できわめて個人的にクリシュナ(神)とつながる経験を持つこと

◎自分に深くつながる(アサナや自分の問題の中で)ことで自分の痛み、
そしてその奥にあるほんとうのニーズにつながる。
(周りの人や状況を変えようとしたり、取り入ろうとすることなしにやること)
人の話ではない,自分のことと内省に徹底することが大切。
外を見るのでなくただ、自分が反応していることに気付き、永遠の自己はそれを観察している。

時に,孤独になることは,必要なこと。
孤独は悪くない。

自分しか分からない、
誰もが一人で生まれて、一人で死んでいく。
今から一人に向き合う準備が必要です。

自分の痛みを見つめる。

私は長い間、自分がなぜ他人から傷つけられるのか納得できないでいました。

自分は何も悪いことなどしていないと本気で思っていた。
カルマの法則(自分のしたことが自分にかえってくること)は知っていました。

きっと、過去生で誰かを苦しめたのね、と解釈していました。
でも、今世でも,たくさんの生命体を傷つけて、当たり前のように気付かずにいました。

本当にごめんなさい。

肉食を通しての、見えない慣習(過去のカルマ)血縁、土地、人種と
愛と暴力の自己矛盾に対する罪悪感にみうごきがとれないでいました。

戦争が終わらない原因も、肉食を続けている我々個人個人の責任だったとは!!

ここに一つのお話があります。

とても良いお話なので”いのちをいただく”で検索して是非読んでほしいです。

これは私の読み方に過ぎません。でも、食べるヨガで是非シェアしたいと思いました。


 
いのちをいただくというお話があります。
 坂本さんと言う、食肉センターで牛を殺すお仕事をしている方の
 お話です。最後に子牛を飼っている,女の子がおじいちゃんに
 食べてやらんとかわいそうだろと言われて、その女の子は
 みぃちゃんごめんね、と泣きながら子牛を食べたというお話です。

 この話をしたあと
 小学校のある先生が子供たちに、命のつながり,命の大切さを教え、
 飢餓の子供もいるのだから残さないで
 犠牲になってくれた動物に感謝して食べなさい
 と教育しています、というブログを見てますます胸がつまる。
  


感謝の本当の対象は、全てをなんの惜しげもなく気前良く与え続けてくれている”神”です。
もちろん自分の食料のために死んでくれた、動物たちのいのちも神から授かったものです。




この何とも言えない、”切なさ”が共依存(お互いの共通の利益や理念,または慣習)です。
極端に言うと罪悪感に訴えて、個人の自由意志を奪うということです。

肉食に関する間接的な見えない暴力かな〜?
肉食の二重の暴力の構造とも言えます。


そこには”愛”に基づいて行動をするという教育ではなく、
罪悪感に訴えかける教育が施されている。

長い間の共同慣習、共同幻想、共同の罪を植え付けるだけ

ただ、肉食を避ければいいだけなのに。

私も食べてるんだから、あなたも食べよう。
そして同じ苦しみを共有し傷をなめ合いながら生きていこう,
という習わしを踏守しているに過ぎない。

しかも、もっと悪いことにそこで自分たちがただ食べたいからという
自分の欲求を満たしている行為に気ずかせず、
もっとかわいそうな食べられない人たちがいるから
という人道的立場にもっていって、
食べ物は残さずに食べようねと
共依存を育てる。


自分の力ではどうしようもできない世の中の悲しみに目を向けさせ、
自分のできること(自分で肉を食べないことは簡単にできるが、
世の中の飢餓を救うことはすぐにはできない。)を、
完全に選択肢から外してしまっている。

そうやって、罪悪感だけはうまく植え付けていって

一向に自分の行動を、きちんと自らのニーズで決められるような、
個人レベルのことに責任の持てない(自由意志を使えない)大人になれない大人たち
に加担していることに、気付いていないということが悲惨です。


だから、それは

自分は足りない!という不足感こそが、苦しみと罪悪感の原因とも言えます。

だから、そこにファーカスさせていく、〜すべきでない,〜せねばならない的教育は共依存です。

もともと
私たちは完全で完璧です。

それは、私たちは完全完璧な神の一部分だからです。

でも,神様のことを今の教育では,誰も教えてくれないから、

与えられたもので充分である、満足していける教育がないから、

あれもないこれもない、ない、ないないない。
ひいては、ほしい、欲しい欲しい、にフォーカスしていく教育になります。

この世界は、神を必要とするように作られているんだな〜と、つくづく感じます。

もし完全な神との関係がない世界に生きていたら人は誰でも、

私はできない,
私はダメだとか、
足りないとか、
他の人が苦しんでいることを、どうすることもできない自分の無力感を感じたくない。
と思います。

そのことを感じたくないから、


だから自分の本当のニーズに、ふたをしてしまう。

どうしたいのか、どう生きたいのか分からない(虚無の)世界に
なんども投げ込まれて、生まれ変わってはまた生きて・・・を繰り返しています。

でも、ふたをしたのは自分です。

だから、その虚無主義の奴隷のふたを外せるのも、自分です。

ただ、希望なる智慧がいります。

それが,古代(たまたまインド)ヴェーダで語り継がれている神様との関係を取り戻す智慧です。

日本にもあったかもしれませんね、そういうお話。



神が今日,私に何を与えてくれているのか?

どんなメッセージを投げかけてくれているのか?

そこにフォーカスして行く生活。

その中心が毎日の食べるヨガです。

食べるヨガを実践することで、
いかにクリシュナ(神)から与えられているか、
与えられているもので満足し、

どんなに愛されているかを実感できる。


そのことだけにフォーカスしていき、
クリシュナの喜ぶことだけを追求していくことだけが、
自分や、全ての生命体の幸いにつながることを実感していけます。

今、私に与えられているものは、なんだろう?


命、空気、食べ物、水、人との関係、時間、カルマ、苦しみ、。。
感謝することとその対象。


あれも、これも、ここにも、あそこにも、、、かぞえたらきりがないけど。

数えちゃおう!!


その与えられた材料をつかって、どうしたいか!
どういう自分でありたいか!

食事の時間、プロセス、食材、アイデア、感情(愛)を食事を通して神に捧げる。

味見せずに菜食の材料を使って、調理して捧げる。

そこの自分にアクセスしていくプロセスがまさに食べるヨガの真髄です。




肉食がいかに悪いか、
または健康のためにどういうものを食べたらよいか悪いかという情報は

もう充分有り余るほどある。

そんなことを聞いても,ネガティヴ感が増すだけ。

そのイヤな感情、否定的な感情を食べている
(あるいはいいことができない自分またはその状況にたいするイライラ感)。

だったらー食べないほうがいいじゃんね。



そうではなくて、クリシュナがインドのヴリンダーヴァンという村で
牛飼いの少年として
どれほど牛を可愛がって友達とあそんでいたか。
村の人々が、どんなにクリシュナの美しさ、勇敢さ、楽しさ、etc.の
際限のない魅力に惹き付けられていたか。
怖い状況からは必ず助けてくれるという、絶大な安心と信頼を置いていたか。

牛たちは、クリシュナ(神)を見るだけで、うれしくてうれしくて
子牛にあげても、まだ有り余るほどのお乳を出し続けたんです。
ストレスなんかあるはずないよね。

これは誇張ではなく、本当に牛と人間は本来共存していけるものであったと
記されています。

今の酪農のシステムとは全く反対です。


もっと、愛情に満ちた話を聞く。

結論は私たちの根底は足りている。
ということです。
外を見渡せば、足りない足りない、で成り立つように見える世界を
変えようとする限り自由はありません。
というか、本当に変えられる方法は、一人一人がうちで満ち足りて,
与えられたもので満足している状態からスタートするしかないと思います。



a0170643_11321015.jpg




a0170643_11334784.jpg





そもそもクリシュナは肉を食べろとも食べるなとも言っていない。
好きにしなさい、自由だよ。と言った上で私はこれを喜ぶよと、教えてくれている。

インドの偉大な叙事詩であるマハーバーラタの中で
至上主クリシュナが語った、バガヴァッドギータ—という美しい詩があります。
そのなかでクリシュナは友人アルジュナの御者としてあらわれました。
その姿のクリシュナの事をパーラタサラティといいます。
(クリシュナは、関係性によっていろんな名前といろんな姿を現されます。)
・・・これがまた良いお話があるんですよ〜。またこのブログで紹介します。

クリシュナは言います。

バガヴァッドギーター
9−26
もし人が愛と献身で私に葉,花、果物、水を私に捧げるならば私はそれを受け入れよう。

もしひとが。。。という意味は、自分の意思で選択できる、そのうえで自発的に望むならという意味。

ことはとてもシンプル。
私たちは、だれも友達を痛めつけたくはない、

愛したいとおもっているだけ。

だから実践するだけです。
難しいことではありません。

バガヴァッドギーター
15−13
私はひとつひとつの惑星に入り、私のエネルギーで惑星が軌道を回る。
私は月となって全ての野菜に滋味豊かな生命の水を与える。

15−14
私は全生命体の体内にある消化を司る火であり、出入りする生命の気と合して
私は4種類の食物を消化する。




肉色、特に牛肉をとることに関する弊害

なぜインドなのか?(たまたまインドって言うのも訳があると思う)

牛を保護することの意味
①宗教原則の確立(慈悲心・正直さ・真実性・苦行)
②カルマ的暴力からの脱出
③社会的慣習からの共依存をやめ相互依存で生きる
=共依存からの自立・・・・
傷をなめあう社会から、神の力を借りて傷に気づき自ら癒されることを助け合える社会
(NVCを使ってコミュニケーションする)



長い間の西洋諸国の文化で、罪悪感にまみれた私たちは、
魂の奴隷状態であったことに気づきました。

非人格主義と虚無主義にみちたこの世界で魂の奴隷になっていた私たちが

ちゃんと自分の自由意志で、
歩き出すための平和運動が

この主チャイタンニャが与えて下さったサンキルタン運動です。

ハレークリシュナ
ハレークリシュナ
クリシュナ クリシュナ
ハレー ハレー

ハレーラーマ
ハレーラーマ
ラーマ ラーマ
ハレー ハレー

それは唱えるだけで簡単に神への永遠の愛を呼び起こすことができます。


a0170643_11343346.jpg


a0170643_11363698.jpg

[PR]

# by govindasyamuna | 2013-08-01 08:35 | 食べるヨガ~生きるヨガ

7月20日(土曜日)中野キルタンナイトのお誘い



a0170643_18441075.jpg

















さてさてみなさま

2、3日前から、暑くって、夕立降るし、なんか夏らしいなーと思っていたら、梅雨空けたんですね。
夏だよーー。去年までは、大好きだった夏なんだけど。今年はどうも違う気がする。

それは、私の反応が単にワンパターンを脱してるからか?
なんか、この52年間反応して来た夏というイメージを、
今あらたなまなざしで観察しているところです。

きたる7月20日(土曜日)中野キルタンナイトです

a0170643_18445134.jpg



キルタンは皆で集まって、いろんな楽器を使って、マントラをいろんなメロディーで歌い上げます。
ここに生かされている喜びを皆で分かち合い、神に感謝しておかえししていく祈りのうたです。
自由に踊って、自分の体も、心も、思いも、すべて捧げ尽くして下さいね。
スカーーーーットしますよ。是非一度体験してほしいです。


今回は、南インドのチェンナイから,バヌスワミを
お招きして、『心を友にする方法』を、
お話して頂きます。


a0170643_18471530.jpg


















キルタン隊も。時々イベントで一緒にやって下さっている,
プロのタブラ奏者のシゲジーをおよびしていますので
こちらも楽しみですね!!

場所 中野BYC 中野区中野5-6-6
時間 午後5時〜8時 その後お食事(本格南インド料理を予定しています)
会費 2000円

お申し込みは  govindas_murata@yahoo.co.jp 07065248097  ヤムナまで

どしどしお待ちしています。
[PR]

# by govindasyamuna | 2013-07-09 18:56 | 瞑想 イベントのお知らせ

食べるヨガ 重版のお知らせ

2年間ずっと,売り切れで,早く再版されないかなと思って待っていた
とっても大好きな本

『食べるヨガ』が,

近々バクティヴェーダンタ出版から、重版されます。


楽しみに待っててね。




詳しくは
ここでまたお知らせします。

うれしいな〜〜。


ヤムナ
[PR]

# by govindasyamuna | 2013-06-20 14:15 | 食べるヨガ~生きるヨガ

6月29日 中野キルタンナイト

中野キルタンナイトのお知らせ

梅雨真っ只中、むしむし暑い日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?

おまたせしました、久しぶりに中野キルタンのお知らせのメールです。
暑ーい、梅雨をぶっ飛ばしましょう!

a0170643_1536447.jpg



6月29日午後5時より8時まで。
今回もお食事付きで、BYCなかのにて、開催いたします。
場所 中野区中野5−6−6 BYC なかの
会費は2000円です。

今回は、アメリカからバイシューシカプラブも来日されます。


a0170643_1537276.jpg



キルタンの合間に、いつものようにお話もあります。
今回のテーマは、「心の底から人生を楽しむには?」と題して
お話をして頂きます。

昨年のことを、覚えていらっしゃる方もおられると思います。ちょうどこの頃、暑ーい日に
中野キルタンを行いました。そこで、うちの冷房全然効かないなー、暑くて大変でした(それもそのはず暖房をつけていたのです!!いつも使っていなかったもので。)
まあ、そんなこんなの反省を踏まえ、その後新しい冷房を設置し、皆様を夏の中野キルタンに慎んでお招きいたします。(タオルくらいは用意しておいたほうがよいかもしれません)

ご予約はこのメールに返信か、07065248097 ヤムナまで。

おまちしていまーーーす!!

ヤムナ
[PR]

# by govindasyamuna | 2013-06-18 15:44 | 瞑想 イベントのお知らせ
line

ヨガってアサナだけじゃない、食事、瞑想、哲学、音楽を通してバクティヨガを日々の生活に取り入れましょう。生きる力を感じて内面はエキサイトして、外見はクールに生きるお手伝をします。


by govindasyamuna
line