生い立ち日記(小学校〜中学校)

1968年頃の話。


小一の時書いた作文。

『🎶ぶたぶた、いってごめんね。』というタイトル。


🎶ぶたぶたと呼んだのは、私。

呼ばれた人は、私のお母さん。

大好きなお母さん。

なのに、いつも、🎶ぶたぶたと呼んでいた。

ひどい時には、暴力さえ。


だって、そうしたいほど、愛おしくて大好きだったから。

あたしだけのお母さんで、ず~~~~~~~~~っと、いてほしいから。

でもお母さんは、忙しくて私のことより、他の子供たちの方が大切なんだと思ってた。


だって、お母さんは、小学校の先生。

戦後、教員が不足していた時代に女学校を出てすぐ就職した。


いつも、いつだって、私のところには来てくれない、とふてくされていた。

さみしかったんだね、あたし。


だから、とっても太っていたお母さんを、🎶ぶたぶた、と呼んだのよね、あたし。

ちょっと、今考えると、ポップな感じするわね。


それが、小学校の時の私。



そして、中学校時代。





彼と初めて手を触れた。


彼の掌はじっとりと湿って、そしてとても暖かだった。

そして彼は二十歳の夏に、逝ってしまった。



それは中二のフォーフダンスの時。

私は、密かに焦がれていた彼と手をつなぐ順番が待ちきれなくて、一人の男の子を、とばかしちゃった。


こんくらい、恥ずかしいことはない。

なのに、彼ったら、知らん顔。

全くのポーカフェイスなんだわ。

またここでも、ハートを掴まれたまま・・・。

ギィって音したのわかったもの。


そして、順番、順番です!!

彼と初めて手を繋いだ。

それは、ものすごおく神々しくて、究極の物理的接触。


彼の掌はじっとりと湿って、そしてとても暖かだった。


これは、私の脳の奥のとっても大事な場所に、決して再び更新されることのない場所に記憶された。

(これをサンスクリットでサンスカーラ=過去の印象と言います)


他の男の子の手はというとだいたいにおいて、冷たくてザラザラしていて乾いていた。




だから、私はいつも付き合う相手の男の掌を、とっても気にしてしまう。

それは

彼のことを思い出しちゃうってこともあるけど、

死んじゃうんじゃないか、と。

(バーカ!誰でも死ぬんだよ。)


二十三歳で付き合い始めた人の時も。

酔いつぶれた私は、帰りのタクシーの中で彼としっかり手を繋いでいた。

酔っ払って麻痺した頭の微かに奥の方で、しっかりと記憶している。

「あー、この人は大丈夫。」




それが今の旦那さんなんだわ。









ここいらで一句。


あしたには 命はないと思え あたし
















by govindasyamuna | 2017-10-08 00:19 | ヤムナのある日のブログ
line

ヨガってアサナだけじゃない、食事、瞑想、哲学、音楽を通してバクティヨガを日々の生活に取り入れましょう。生きる力を感じて内面はエキサイトして、外見はクールに生きるお手伝をします。


by govindasyamuna
line