人気ブログランキング |

自分には何もできない、と自信喪失してる時に元気になる言葉


私は時々
自分に自信を失くす。

それは誰にでもあることと思う。

そんな時、私を励まし、意識をコロッと変えて一歩進ませてくれる言葉がある。
今日は一つそれをご披露したい。
私の文章力がみんなに通じることを祈って。


『自分がいかに使いものにならないかではなく、
自分の行為にいかに愛が足りないかを考えるようにする。』
イスコンのグル ラーダナータ・スワミの言葉(Radhanath Swami)

a0170643_23205129.jpeg
どうですか?
これでピンと来た人はもうこれ以下は読まなくてokです!




???という方、
うん!
まず「はあ?」ってなるよね。

一見すると、同じこと言ってるみたいだから。

『自分がいかに愛の足りない人なのかではなく、
自分の行為にいかに愛が足らないかを考えるようにする。』とも置換えられる。

でもね、この一行目と二行目は全然意味が違うんですよ。


まずね、一行目の
『自分がいかに使いものにならないか、または愛が足りないか』と、
言っているのは誰なのか?
これは、自分のマインド。
自分を責めるのが大好きな、私のエゴちゃんとも言える。

誰が言っているのか、に無自覚なままでいると、私の頭(または心)はこのマインドちゃんに乗っ取られる。
自分=マインド の世界にいる。

つまり、マインドと自分とを完全に一体化してるよね。
(これを自己同一視と言います)

でも
私全体を一つの機械だと考えると、
マインドは私に備わっている思考や感情を司る一つの機能に過ぎないんです。

まだ、はあ?の人。
そのまま、うるさいマインドくんの声を聞きながら二行目に行ってみよう。

二行目は、自分の行為に‥から始まる。

自分 と 行為 が分けてある。

だから、自分 と 行為 は別のものだと感覚的に分かる。
それに、自分 と 行為 の間にスペースがあることも分かるよね。
ここがすごく大事なところです。


自分、自分はね、ただ“ある”、存在しているという意識そのもの。
命があるならば誰にでも備わっている。
意識(命、魂)に神さまの愛が届いている、つまり
生かされていると自覚している状態が“愛”。
だから愛は頭で考えて定義されるものじゃなく、直接体験するもの。


愛はもう備わっている。
足りなくも無くなりもしない。

シンプルだわ、
ただそれを自分の行為に、のせるかどうかは自分の自由。
選択できますよ、選択するためのスペースがありますよ。

さあ、どうしますか?

マインドちゃんの声を聞きますか?

それとも

自分には

自分の行為に愛をのせられるというスペースがありますよ。
スペースが出来たことで自分で選択できます。


さあ、どっちにしますか?

あなたの自由ですよ。


と言われているのです。















# by govindasyamuna | 2019-04-29 23:55 | ヤムナのある日のブログ

生い立ち日記(小学校〜中学校)

1968年頃の話。


小一の時書いた作文。

『🎶ぶたぶた、いってごめんね。』というタイトル。


🎶ぶたぶたと呼んだのは、私。

呼ばれた人は、私のお母さん。

大好きなお母さん。

なのに、いつも、🎶ぶたぶたと呼んでいた。

ひどい時には、暴力さえ。



だって、そうしたいほど、愛おしくて大好きだったから。

あたしだけのお母さんで、ず~~~~~~~~~っと、いてほしかったから。

でもお母さんは、忙しくて私のことより、他の子供たちの方が大切なんだと思ってた。


だって、お母さんは、小学校の先生。

戦後、教員が不足していた時代に女学校を出てすぐ就職した。


いつも、いつだって、私のところには来てくれない、とふてくされていた。

さみしかったんだね、あたし。


だから、とっても太っていたお母さんを、🎶ぶたぶた、と呼んだのよね、あたし。

ちょっと、今考えると、ポップな感じするわね。


それが、小学校の時の私。







そして、中学校時代。



彼と初めて手を触れた。


彼の掌はじっとりと湿って、そしてとても暖かだった。

そして彼は二十歳の夏に、逝ってしまった。



それは中二のフォーフダンスの時。

私は、密かに焦がれていた彼と手をつなぐ順番が待ちきれなくて、一人の男の子を、とばかしちゃった。


こんくらい、恥ずかしいことはない。

なのに、彼ったら、知らん顔。

全くのポーカフェイスなんだわ。

またここでも、ハートを掴まれたまま・・・。

ギィって音したのわかったもの。


そして、順番、順番です!!

彼と初めて手を繋いだ。

それは、ものすごおく神々しくて、究極の物理的接触。


彼の掌はじっとりと湿って、そしてとても暖かだった。


これは、私の脳の奥のとっても大事な場所に、決して再び更新されることのない場所に記憶された。

(これをサンスクリットでサンスカーラ=過去の印象と言います)


他の男の子の手はというとだいたいにおいて、冷たくてザラザラしていて乾いていた。




だから、私はいつも付き合う相手の男の掌を、とっても気にしてしまう。

それは

彼のことを思い出しちゃうってこともあるけど、

死んじゃうんじゃないか、と。

(バーカ!誰でも死ぬんだよ。)


二十三歳で付き合い始めた人の時も。

酔いつぶれた私は、帰りのタクシーの中で彼としっかり手を繋いでいた。

酔っ払って麻痺した頭の微かに奥の方で、しっかりと記憶している。

「あー、この人は大丈夫。」




それが今の旦那さんなんだわ。









ここいらで一句。


あしたには 命はないと思え あたし





a0170643_00025947.jpeg











# by govindasyamuna | 2017-10-08 00:19 | ヤムナのある日のブログ

8月8日 GOVINDA'S鎌倉 クッキングパーティ 

a0170643_12211466.jpg
a0170643_12201687.jpg


中野ゴーヴィンダズの「食べるヨガ」のお料理教室です。
鎌倉二階堂の自然の中で、ワイワイと楽しく学べます。

メニューは

『夏のパーティーメニュー』と題して
キドニービーンズのサブジとサルサソース&チャパティ
ズッキーニ寿司
生春巻き
かぼちゃと雑穀のスープ
黒ごまプリン
※チャパティとはインドのアタという全粒粉で作る、最もシンプルで栄養価のあるパンです。
もともと北インドの主食でカレーをつけて食べますが、
トルティーヤの様にサラダを巻いて食べても美味しいのです。
今回は、みんなで調理実習風に実演する楽しさも味わえます!!

時間 11:00~15:00
場所 鎌倉市二階堂773-137 BYC鎌倉
料金 4500円
用意するもの エプロン、三角巾、筆記用具

このあとのプログラムもあります。
自由参加です。

マドゥによる『食べる瞑想ワークショップ』
食後は、ちょっとお休みしたら、お散歩or キルタンなどで
再び盛り上がる予定です。(食後の運動って感じでしょうか?)

ご予約は ヤムナまで
08058996951
govindasmuratayoshie@gmail.com





a0170643_12184510.jpeg


やさいの滋味には月の光が必須なんです!





# by govindasyamuna | 2015-07-25 12:26 | 瞑想 イベントのお知らせ

バヌスワミ 7月バクティヨーガ集中セミナー 9ステップ 実践編


食べるヨガ〜生きるヨガを読んで下さっているみなさま

7月18・19・20日の3日間
おなじみの、バヌスワミを迎えて
バクティヨーガの3日間集中セミナーを開催します。

a0170643_07152392.jpg


クリシュナププレマという究極のゴールとは?

実際にクリシュナと面と向かってふれあい、内にも外にもクリシュナを見、純粋な愛を永遠に交換しあう
までの段階にいたるまでの9ステップ

バクティヨーガのスペシャリストであるバヌスワミの解説
この講座を受けることによって、バクティのゴールに至るまでの明確な道しるべを手に入れ、自分の現在地を理解し、
実際にバクティを実践していく中で、これからどういう意識の変容を体験出来るかを実践的に学べます。

マドゥーリャ・カダンヴィーニという権威ある教典から学びます。
17世紀のヴィシュバナータ・チャクラバラティ・タークラという偉大なアーチャーリャが記した教典です。



日程  7月 18日  ①11:00~13:00 ランチ  ②14:00~16:00
      19日  ③10:00~12:00 ランチ
      20日  ④11:00~13:00 ランチ  ⑤14:00~16:00
         ※全てドネーション制です
         ※全日程 13:00~14:00 菜食のランチあり
         ※ 場所 VCC(ゴヴィンダズレストラン2F) 
        http://iskcontokyo.blogspot.jp/p/blog-page_8152.html

お問い合わせ・ご予約  080-5899-6951 (ヤムナまで)
govindas_murata@yahoo.co.jp

a0170643_18275638.jpg
                         バヌスワミ・マハラージ


〈講師紹介〉
バヌスワミ・マハラージ
 カナダ生まれ。20代前半に、生涯のグルであるAcバクティウェ-ダンタ・スワミに出会い、
ブラマチャーリーの誓いを立てて、40年間出家の僧として、独身謹厳生活を続けている。
南インド、チェンナイにラーダクリシュナ寺院において、そこで36年間、サンスクリットの
ヴェーダ教典の翻訳と研究に専念する傍ら、同地はもちろん、マレーシア、オーストラリア、
ロシア、日本に於いて、バクティヨガを中心としたヴェーダ教典に基く叡智を、
様々な形で現代人が理解しやすいよう講演セミナーを行い、説教活動と研究に生涯を捧げている。

主なセミナーの内容は以下の通り

「輪廻の法則とそこからの脱却」
「インド占星術とカルマについて」
「働く人のためのバガヴァッド、ギーター解説」
「ヨガマスターのための、ヨガ哲学」等、多岐にわたる。
他にも、サンスクリット語や、ベンガル語の教典の解説本を執筆している。

 


             前回の鎌倉BYCでのバヌスワミ・マハラージのセミナーの模様
a0170643_07252323.jpg


a0170643_07261041.jpg
































# by govindasyamuna | 2015-06-26 07:19 | 瞑想 イベントのお知らせ

5月10日のギータ−クラス+本当の自分に気づく瞑想WSのお知らせです。



お久しぶりです。

みなさま、GWはどのように過ごされたでしょうか?




立夏を迎え、ここ鎌倉では卯の花が一斉に咲き
a0170643_12471437.jpeg
卯の花の匂う垣根に
ホトトギス早もきなきて
忍び音もらす夏は来ぬ
のうたのとおりです。

5月10日のギータ-クラスの時間についてお知らせします。

今回はサッチャ先生をお迎えしていますので、「ギータ-クラス+本当の自分に気づく瞑想WS」と
題してやや通常より早い時間にはなりますが、
9:45~始めたいと思っています。


日程は以下の通りです。
9:45~12:00  バガヴァッドギーター+本当の自分に気づく瞑想WS 3階
12:00~13:00 キルタン、アロティ         テンプルルーム
13:00~14:00 サッチャ先生の法話        テンプルルーム
14:00~    プラサーダム(お食事)
随時解散

※参加費はドネーション制です



a0170643_12483048.jpg
サッチャ先生は最後の日曜日のクラスになりますので
お別れを言いたい方、初めての方、どなたでも是非ご参加ください。



いつもの通り、ご連絡が遅くなってすみません。



ヤムナ












# by govindasyamuna | 2015-05-08 13:06 | 瞑想 イベントのお知らせ
line

ヨガってアサナだけじゃない、食事、瞑想、哲学、音楽を通してバクティヨガを日々の生活に取り入れましょう。生きる力を感じて内面はエキサイトして、外見はクールに生きるお手伝をします。


by govindasyamuna
line